tsurutanのつぶやき

これが、破壊的イノベーションだっっっ!!

スポンサーリンク

広告

Android UI Automator Viewer を使った開発

f:id:tsurutan:20161009095134j:plain

転職や就職などをして、既存のサービスの開発に携わることがある人はコードとViewの対応関係を調べるのに苦戦した経験があるのではないのでしょうか?

プロジェクトのコードを読んでいちいち対応関係を見るのは場合によっては非常に効率が悪いです。

そこでそのような場合に備えて、今回はUI Automator Viewerを使って簡単に対応関係を調べる方法について紹介したいと思います。

ちなみに元々UI Automator Viewer とはその名の通り、UI Automatorという公式で提供されているUIテストをサポートするツールです。

このツールを使ってresource-idを取得しましょう!

どうやって使うの?

ではUI Automator Viewerの使い方について説明します。

まずAndroid Sdkのフォルダへ移動してください。

sdkの中には下記のようなフォルダが入っているはずです。

f:id:tsurutan:20161009092050p:plain

次にtoolsというフォルダへ移動してください。

f:id:tsurutan:20161009092057p:plain

toolsの中にuiautomatorviewerがありましたね。

そうです、これを使うのです。

そのまま./uiautomatorviewerと入力して実行しても良いのですが、今後も使うことを考えてbashやらzshにpathを登録しておきましょう。

export PATH=$PATH:/あなたのsdkがあるpath/sdk/tools/uiautomatorviewer

そしてuiautomtorviewerを実行すると。

f:id:tsurutan:20161009093001p:plain

このような画面が表示されると思います。

実機とPCを接続して、uiautomatorviewerの左上にあるアイコンをクリックすると実機内に表示された画面のView層がCaptureされ表示されます。

f:id:tsurutan:20161009093320p:plain

今回はTwitterのプロフィール画面をCaptureしてみました。

気になるViewをクリックすると、そのViewのresource-idが表示されます。

ここで表示されたresource-idを使って直接viewにアクセスすることができるのです。

UI Automator Viewer の良いところは自分のアプリケーション以外にもViewの関連idを参照することができることです。

またViewのヒエラルキーも見ることができるので、TwitterやFacebookなどの大御所なアプリケーションを解析してみて、命名規則やViewの構造など参考にしてみると良いかもしれませんね。

オススメの記事

www.tsurutan.com

www.tsurutan.com

www.tsurutan.com

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書 (ヤフー黒帯シリーズ)

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書 (ヤフー黒帯シリーズ)

  • 作者: 筒井俊祐,里山南人,松田承一,笹城戸裕記,毛受崇洋
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

ビジネスにつながる 儲かるFacebookの投稿講座

ビジネスにつながる 儲かるFacebookの投稿講座

スポンサーリンク

広告